予想以上に激しかったカンナムスタイル! -斎藤美紗子-

第二回韓日国際ボランティアワークキャンプ参加後記

(斎藤美紗子)

2012112~11423日の日程で、世界遺産韓日国際ボランティアワクキャンプin江華島に参加しました。このプログラムはボランティアを通して韓国の学生との交流することができるものだと知って、それまでたいしたボランティアをしたこともなかった私は、この機会に人のために自分ができることを 何かしようという気持ちでした

一日目は韓服作り、K-POPダンス教室を体験しました。韓服作りは工作が苦手な私にとっては意外に難しかったです。自分が作った韓服は記念に持ち帰って飾ってあります。ダンス教室ではカンナムスタイルを踊りましたが、予想以上に激しいダンスで疲れてしまい、江華島に向かうバスでは少し寝てしまいました。到着してからバーベキューや交流ゲームをして韓国の学生さんとたくさんしゃべりました。

二日目は公民館へ行ってベンチや壁絵を作ったり公民館の周りを整備しました。なかでも草取りは必死にやったので、その後三日間くらい右腕が筋肉痛になりました。いつもたかが草取り、と思ってほかの人がやってくれるのをみていたけど、こんなに大変だとは思いませんでした。石もどかしてきれいに整備された公民館をこれから多くの人が利用してくれれば良いと思います。

夜はカレーを食べて、一人ひとりが感想をいい、その後交流でゲームをしました。交流ゲームは参加者全員で集まって遊べるような広い場所がなくて、それぞれ分かれて楽しんでいたところも多かったので、みんなと仲良くなれなかったのが少し残念です。

三日目は、朝ごはんの当番だったので早く起きなければいけなかったのに、私は寝坊してしまいました。ですが、チームのみんなは責めずにやさしい言葉をかけてくれうれしかったし、本当に申し訳なくなりました。朝方まで飲んでいたところもあったせいか、この日の朝は食べに来ない人もいたのでそこまで忙しくならず、うまく対応できてよかったです。その後、江華歴史博物館へ行き、コインドルを見学しました。同じチームの韓国人の方がいろいろ説明してくれ、江華島の歴史や文化も学ぶことができとてもためになりました。

今回のボランティアワークキャンプを通して、自分の語学力の未熟さを感じました。韓国人の方ともっと韓国語で話せたら、さらに仲良くなれたのではないかと思います。ですが、貴重な経験ができてよかったです。これからはボランティアにも関心を持ち積極的に取り組んでいけたらよいと思います。