インターン報告:玉井舜基(立教大学現代心理学部)

2016年の9月からインターンとして働いている玉井舜基です。今年の2月から韓国の延世大学に交換留学生として約一年間滞在することになり、ちょうど語学力も伸び、余裕ができてきた9月からインターンをさせていただいています。もともと学校の授業以外にも課外活動をたくさん経験したいと考えており、またせっかく韓国語を学んでいるので、韓国語を生かしながらできるインターンを探していました。また日本に帰国した後、就職活動が始まるので海外でのインターンの経歴を得ることが出来るいい機会だと思いインターンを申請しました。

 

私がアジア希望キャンプ機構で主に活動できた3つのことを報告したいと思います。まず一つ目ですが、日本に関心を持っている韓国人学生を対象に、日本で奉仕活動、交流会、また日本文化体験をさせる「日本キャンプ」です。このプログラムはまだ準備中ですが、私はとてもやりがいがある仕事だと思っています。私自身韓国に住みながら、韓国の方と一緒の時間を過ごし、毎回新しい発見と驚きがあります。これは現地に行かなければ決して味わうことのできないことです。「日本キャンプ」では主に現地での活動を通して、観光では味わうことのできない体験をさせるプログラムです。企画する段階で、日本の団体と連絡を取り合ったり、また各キャンプの日程表の作成をするなどデスクワークが中心ですが、来年の1月には同行リーダーとして実際に韓国人を引率します。私が韓国でしか体験することができない文化を感じれたように、当日参加する方々にも特別な日本文化体験をさせることができたらと考えています。

次に「多文化共生」というプログラムにも参加させていただきました。これは韓国の中高生と一緒に国際ボランティアをするプログラムで、普段生活している中で決して会うことのできない韓国の中高生たちと交流する貴重な体験でした。ボランティアしながら彼らが将来どのようなことを考えているのか、学校生活はどのように送っているのかを知る機会になりました。私はこの「多文化共生」を通して特別に短期のアルバイトをする機会に恵まれました。アルバイトでは韓国に移住してきた移住民を模した人形を販売、または韓国の子供たちに人形作り体験をさせるものでした。私の韓国語がつたなく、苦労したこともありましたが、韓国の子供たちに少しでも国際的な雰囲気、「多文化」を感じさせることができたのだと思います。

最後に「熊本キャンプ」ですが、これは11月の下旬に行われたプログラムでして熊本から来られた方を韓国の名所を案内する同行リーダーを任されました。伝統韓屋村に案内して伝統的なお茶体験、景福宮にて韓服体験、ホームステイを通して参加者の方々は非常に満足した様子で帰られました。参加者の中には何度も訪れる人もいましたが、今回は特別な経験をさせていただいたということで、とても感謝されました。

これまでアジア希望キャンプでの活動を通して、文化交流の重要性を特に強く感じられました。現地を訪れなければ感じることの出来ないことはたくさんあります。日本と韓国、近い国同士、もっとお互いの理解を促すことができたら、これ以上やりがいのあるインターンはないと思います。

 

2016.12.6.

 

Write a comment

Comments: 0