世界遺産を巡る日韓国際ワークキャンプ 参加後記 荒井奏絵(あらい かなえ)

 私は今回、韓日フォーラム主宰の世界遺産を巡る日韓国際ワークキャンプの第二期に参加してきた。11月2日から4日までの二泊三日という短い期間だったが、とても充実していて、素敵な友人とも出会うことが出来た。今回のワークキャンプに参加して本当に良かったと心から思った。

 私は韓国に留学している学生ではなく、このワークキャンプのために旅行で韓国に行った。私以外の日本人の子たちは皆、交換留学生だったり語学堂に通う子だったりしてワークキャンプが終わった後もそこで出会った友人と韓国で会うことが出来るため、とても羨ましく感じた。ここで出会った友人は本当に日本に関心が多く、お互いが歩み寄りやすい関係だったため早く親しくなることが出来て、学ぶことも多く意義のある出会いだった。私は同じチームのオンニ達と恋愛の話や価値観の話など色々話したが特に「日韓関係」について話したことが一番記憶に残っている。私自身が考えていること、日本人の友達が考えていること、オンニ達が考えていること…直接的に意見を聞くことが出来て有意義だった。

 


そもそも私がこのキャンプに参加するに至った理由は、私自身「韓国」という国が好きで何度も一人で旅行をしたりしていたが、旅行でただ友達に会ったりするだけでは物足りなさを感じていたからである。「何か意味のあることを」付加したくなっている時にたまたまこのキャンプの存在を知ったのだった。このキャンプに参加してより韓国を好きになれたし、ボランティアを通じて人の役に立つこと自分自身考えることが多く、成長に繋がったように思う。旅行でも参加できるので是非参加して見たらいいと思う。期間を長めにとれば、ここで出会った友人がまた会ってくれるので!私が帰国する前日に仲良かった子たちが集まって一緒に遊んだのもいい思い出。また時間が合えば参加したいと思う。