ブログカテゴリ:インターン報告



2016/12/06
韓国で貴重な体験 私は、2015年の3月から翌年の2016年3月まで交換留学生として韓国に滞在する予定であり、翌年の4月からは日本に帰って一緒に入学した友人たちとは1年遅れて、大学4年生になります。来年には就職活動と卒業を控え、韓国で特別な経験したいと考え韓日社会文化フォーラムの「アジア希望ワークキャンプ」のインターンに応募たのがきっかけです。...
2016/12/06
インターンを通して 私は、2015年3月から2015年6月まで、光化門オフィスと市庁のひろばでインターンとして勤務していました。主な業務は、ひろば運営と宮崎キャンプの企画の2つでした。...
2016/12/06
クールジャパン体験京都キャンプの引率スタッフを終えて...
2016/12/06
初めてのインターンを通して まさか韓国でインターンシップをすることが出来るとは、思いもしなかった。 韓国留学の目的のひとつとして「日韓関係」について考えたい、そして私の専攻である「ツーリズム学」という視点で韓国を見たい。 そんな私の希望にマッチするのが、このアジア希望キャンプ機構でのインターンであった。
2016/12/06
私は、2015年8月初めから9月の末までの2ヶ月間、光化門オフィスにてインターン勤務をさせていただきました。私は大学の交換留学制度で韓国へ来たのではなく、大学を一旦休学して韓国へ語学留学のために来ていたのですが、半年という短い留学期間の中で私に出来る事で日韓交流事業に関わりたいという思いにより、この偶然見つけたアジア希望キャンプのインターンシップに応募しました。応募したその日に連絡をいただき、幸いにもすぐにインターン勤務をさせていただける事になりました。
2016/12/06
2015年8月6日(木)~10日の4泊5日間、秋田国際ワークキャンプの同行スタッフとして参加させて頂きました。今回はMERSの影響で韓国―秋田間の直行便がなくなってしまいましたが、羽田空港を経由して秋田県に向かう事になり、今回の秋田ワークキャンプを実施する事が出来ました。長時間の移動にも関わらず、日本に対して関心を持ってくれている大学生・高校生の参加者達は、一つ一つの経験を楽しみ、多くの事を吸収しようという真摯な姿がとても印象的であり、韓国の学生達と身近で触れ合う事ができ、とても良い経験になりました。 私の役割としては、全体のスケジュール管理をしながら全行程に同行し、現地の秋田県に到着してからは通訳として現地の方々と参加者達の間に入り、サポートする事でした。また参加者は、日本語で会話ができる方・挨拶程度の簡単な日本語ができる方・初めて日本語に触れる方と、様々でしたが、日本に到着してからは皆、日本語を覚えて会話をしようと毎日毎日頑張っていました。自分自身で翻訳機や辞書で調べたり、分からないことは私に質問したりなどして、秋田の住民の方々と積極的にコミュニケーションを取ろうとしていて、とても嬉しく思いました。 そして、今回の秋田ワークキャンプのプログラムではイベントが多く、日本人である私も経験した事がないような充実した内容でした。まずは東北三大祭りである秋田竿燈祭りに参加させて頂きました。「どっこいしょ」という掛け声と共に、竿燈を持ち上げる姿は活気があり、日本の伝統を感じることが出来ました。参加者達も、初めて日本のお祭りに参加した方がほとんどだったので、とても楽しそうでした。自国にはない文化に触れるという貴重な経験をできたと思います。
2016/12/06
私は2015年2月から12月の夏休みをのぞく8か月間延世大学に交換留学生として留学しました。...
2016/12/06
私は2015年9月から12月までの約4か月間、こちらでインターンをさせていただきました。インターンの経験は初めてでしたが、スタッフの方が親切に教えてくださりました。私の主な仕事はフェアトレードキャンペーンと韓日未来フォーラムを企画するという2つでした。...
2016/12/06
韓国にいる日本人として日韓の交流に少しでもかかわれないだろうか’と考えたのがきっかけでした。韓国に来て四年目、今までは大学の授業での韓国語についていくので精一杯、なかなか心に余裕がなく、自分で言うのもなんですが勉強ばかりしてきたように思います。そんな中だんだん韓国語もわかるようになり、これを生かしてなにか日韓の交流に携われないかと一念発起。こりあプラザひろばにてインターン生として2ヶ月間採用していただきました。
2016/12/06
私は2015年9月から2016年8月までの1年間、梨花女子大学校の交換留学生として韓国に留学に来ています。秋学期の10月から12月中旬までの3か月間、授業の少ない平日と休日に週に1、2回の頻度でコリアプラザひろばでのインターシップをさせていただきました。...

さらに表示する